須坂青年会議所中期ビジョン計画

一般社団法人須坂青年会議所 2017年度スローガン

深謀遠慮  ~真摯に楽しめ 未来のために~



一般社団法人須坂青年会議所中期ビジョン計画

明るいポジティブな都市イメージをSports-city構想で確立します。またスポーツを通じた青少年育成を行います。

青少年のゴルフのメッカ

北信地区は全国有数のゴルフ場所有地域です。また市民のゴルフスキルも高いです。この地の利を青少年にも浸透させ、またゴルフはジェントルマンシップを重んじるスポーツです。それを通じて自立心を育みます。
JCカップの市民権をここ5年以内で取得し、北信地区のメイン大会とします。その後の5年で長野県ゴルフ協会と共に県全体のジュニアゴルフの質を向上します。



我々世代が先代より引き継いだ豊かな自然・地球環境を次代の子供たちに”遺し”ます。

環境問題を考え、具体的なアクションを宣言、行動し地域の先頭に立ってこの地球を次世代に引き渡す活動を行います。

まずはCO2削減を受来の排出量6%削減をこの10年間で達成します。
また環境問題・エコロジーに関する事業を展開します。



公益法人改革を伴い、今より更に公益性のある事業を展開して参ります。

更なる公益重視の団体へ

我々は単にイベント活動を行う団体ではありません。我々の存在理由は現体制から次世代への「橋渡し役」、或いは「次世代の窓口」と考えます。行政、また各種自治体機関が次世代の意見の汲み入れを考えた場合、我々青年会議所はまさにその”インターフェイス”となり得ます。そのような位置づけを背負うべき団体は単に自己中心な活動を行うのではなく、こつ然とした、また一定の規律を持った団体となり、周囲からの信用を得なければなりません。公益法人制度移行のこの時期にまずは事業費比の総予算の50%以上となるべく組織立てをして参ります。