50周年準備室

1、基本理念

承前啓後


2、基本方針

会員拡大は須坂青年会議所最大の課題であり、最大の目標であります。
「地域を豊かにしたい」「子供たち世代の為に何かを残したい」と考えている青年は多く存在します。 しかし、青年会議所という組織を知らずに生活され、入会資格を失ってしまう青年達も多く存在します。
 2018年には認証50周年という節目を迎えるにあたり、これまでの青年会議所運動である地域貢献や、資質向上など、これまでの歩みを精査し周知、発信するために活動します。また、50周年記念式典準備のために、他のLOMの式典には積極的に参加しイメージの充実を図ります。
40周年に掲げられた(一社)須坂青年会議所中期ビジョンの検証を行うにあたり、シニアクラブや他団体と積極的に交流し、青年会議所活動を客観的にとらえ、より地域性に沿った中期ビジョンを提言できるよう情報の調査に取り組みます。
 50周年をより良い形で迎えるためにも、会員拡大を常に念頭に置き、会員数の上昇と会員資質の向上に努めると共に、JAYCEEとしての素養も確実に修めるよう会員の育成を行います。
 約半世紀の歩みを振り返りながら、次世代の会員が、迷い悩み振り返った時の指標になれるように、本年精一杯活動してまいります。


3、事業項目

  1. 例会主管(2月・6月・10月)
  2. 会員拡大(主管)
  3. 50周年記念式典に向けての準備
  4. 中期ビジョンの検証
  5. 人材育成

4、人材開発室メンバー

専務理事 山崎 永一
室長 山下 浩史
副室長 中島 徹